【Category2】Dummy post_#10

Category2

抜粋/ディスクリプション

  • ディスクリプション:有り
  • 抜粋:有り

【重要】Cocoonのディスクリプションと抜粋について
Cocoonの場合、抜粋とディスクリプション両方を入力すると抜粋が優先表示される。サイト上で記事閲覧のヒントとなるのは抜粋になるので要注意。
(恐らくディスクリプションは検索結果上で優先表示されるはず)

【抜粋】
思へばこの世は常の住み家にあらず草葉に置く白露、水に宿る月よりなほあやし金谷に花を詠じ、榮花は先立つて無常の風に誘はるる南楼の月を弄ぶ輩も月に先立つて有為の雲にかくれり人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり一度生を享け、滅せぬもののあるべきか

【ディスクリプション】
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

いろは歌

 

色は匂へど 散りぬるを
我が世誰そ 常ならむ
有為の奥山 今日越えて
浅き夢見じ 酔ひもせず

平家物語

 

祗園精舎の鐘の声、
諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、
盛者必衰の理をあらは(わ)す。
おごれる人も久しからず、
唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、
偏に風の前の塵に同じ。

般若心経

 

仏説摩訶般若波羅蜜多心経

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空
度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空
空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相
不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中
無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法
無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽
乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得
以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故
心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想
究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故
得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多
是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪
能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪
即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦
菩提薩婆訶 般若心経
仏説摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空
度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空
空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相
不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中
無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法
無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽
乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得
以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故
心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想
究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故
得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多
是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪
能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪
即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦
菩提薩婆訶 般若心経

敦盛

 

思へばこの世は常の住み家にあらず
草葉に置く白露、水に宿る月よりなほあやし
金谷に花を詠じ、榮花は先立つて無常の風に誘はるる
南楼の月を弄ぶ輩も 月に先立つて有為の雲にかくれり
人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり
一度生を享け、滅せぬもののあるべきか
これを菩提の種と思ひ定めざらんは、口惜しかりき次第ぞ

今昔物語(安倍晴明)

 

而ル間、忠行失テ後、此晴明ガ家ハ土御門ヨリハ北、西ニ洞院ヨリ東也、其家晴明ガ居タリケル時、老僧来ヌ。共十余歳許ナル童二人ヲ具シタリ。晴明此ヲ見テ、「 何ゾノ僧ノ何ヨリ来レルゾ」ト問ヘバ、僧、「己ハ播磨国ノ人ニ侍リ。其ニ、陰陽ノ方ヲナム習ハム志侍ル。而ルニ、只今此道ニ取テ止事無御座ス由ヲ承ハリテ、小々ノ事習ヒ奉ラムト思給ヘテ参リ候ツル也」ト云ヘバ、晴明ガ思ハク、「此法師ハ此道ニ賢キ奴ニコソ有ヌレ。其レガ我ヲ試ムト来タル也。此奴ニ弊ク被試テハ口惜カリナムカシ。試ニ此法師少シ引キレウゼム」ト思フ。「此法師ノ共ナル童ハ識神 ナラバ忽召シ隠セ」ト心ノ内ニ念ジテ、袖ノ内ニ二ノ手ヲ引入テ、印ヲ結ビ密ニ呪ヲ読ム。其後、晴明法師ニ答ヘテ云ク、「然カ承ハリヌ。但シ、今日ハ自ラ暇無キ事有リ。速ニ返リ給ヒテ、後ニ吉日ヲ以 テ坐セ。『習ハム』ト有ラム事共ハ教ヘ進ラム」ト。法師、「穴貫」ト云テ、手ヲ押摺テ額ニ宛テ立走テ去ヌ。
「今ハ一二町ハ行スラム」ト思フ程ニ、 此法師亦来タリ。晴明見レバ、可然キ所ニ車宿ナドヲコソ臨行メレ。臨行テ後ニ、前ニ寄来テ云ク、「此共ニ侍ツル童部二人乍ラ忽ニ失セテ候フ。其給ハリ候」ト。晴明ガ云ク、「御房ハ希有事云フ者カナ。晴明ハ何ノ故ニカ人ノ御共ナラム童部ヲバ取ラムズルゾ」ト。法師ノ云ク、「我ガ君、大ナル理ニ候フ。尚免シ給ハラム」ト詫ケレバ、其時ニ晴明ガ云ク「吉々。御房ノ、人試トテ識神ヲ仕テ来タルガ不安思ヒツル也。然様ニハ異人ヲコソ試メ。晴明ヲバ此不為デコソ有ラメ」ト云テ、袖ニ手ヲ引キ入レテ、物ヲ読む様ニシテ暫ク有リケレバ、外ノ方ヨリ此童部二人乍ラ走入テ、法師ノ前ニ出来タリケリ。其ノ時ニ法師ノ云ク、「誠ニ止事無ク御座ス由ヲ承ハリテ、『試ミ奉ラム』ト思給ヘテ、参リ候ツル也。其ニ、識神ハ古ヨリ仕フ事ハ安ク候フナリ。人ノ 仕 タルヲ隠ス事ハ更ニ可有 クモ不破ハ。穴忝。今ヨリ偏ニ御弟子ニテ候ハム」ト云テ、忽ニ名符ヲ書キテナム取ラセタリケル。

孫子(孫子呉起列伝第五(史記第六十五))

 

孫子武者、齊人也。以兵法見於吳王闔廬。闔廬曰、子之十三篇、吾盡觀之矣、可以小試勒兵乎。對曰、可。闔廬曰、可試以婦人乎。曰可。於是許之、出宮中美女、得百八十人。孫子分為二隊、以王之寵姬二人各為隊長、皆令持戟。令之曰、汝知而心與左右手背乎。婦人曰、知之。孫子曰、前則視心、左視左手、右視右手、後即視背。婦人曰、諾。約束既布、乃設鈇鉞、即三令五申之。

於是鼓之右、婦人大笑。孫子曰、約束不明、申令不熟、將之罪也。復三令五申、而鼓之左、婦人復大笑。孫子曰、約束不明、申令不熟、將之罪也。既已明而不如法者、吏士之罪也。乃欲斬左右隊長。吳王從臺上觀、見且斬愛姬、大駭。趣使使下令曰、寡人已知將軍能用兵矣。寡人非此二姬、食不甘味、願勿斬也。孫子曰、臣既已受命為將、將在軍、君命有所不受。遂斬隊長二人以徇。用其次為隊長、於是復鼓之。婦人左右前後跪起、皆中規矩繩墨、無敢出聲。於是孫子使使報王曰、兵既整齊、王可試下觀之、唯王所欲用之、雖赴水火猶可也。吳王曰、將軍罷休就舍、寡人不願下觀。孫子曰、王徒好其言、不能用其實。於是闔廬知孫子能用兵、卒以為將。西破彊楚入郢、北威齊晉、顯名諸侯、孫子與有力焉。

Lorem ipsum
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.
Category2
管理人をフォローする
Sub directory-2
タイトルとURLをコピーしました